ロレックススーパーコピー Rolex

「腕時計といえばロレックスコピー」というほどの知名度とそのステイタスで圧倒的な人気を誇るのがロレックスです。1908年ハンス・ウィルスドルフがどの国でも発音しやすく文字盤にデザインしやすいブランド名として"ROLEX"をスイスのラ・ショード・フォンに商標登録をしました。当時は携帯する時計は懐中時計でしたが、ハンス・ウィルスドルフは腕時計に着目し高品質で実用的な時計の生産に力を注ぎました。1926年には世界初の本格防水オイスター・ケースのパテントを取得し、1931年に自動巻き腕時計の先駆けとなる「パーペチュアル機構」を開発しました。現在もロレックスは創業以来、常に「実用」を重視した生産を展開し続けています。