1837年、馬具職人ティエリ・エルメススーパーコピーが、パリで馬具の専門工房として創業したのがはじまり。パリ万博の馬具部門銀賞をきっかけに、ナポレオン3世やロシア皇帝をはじめ、多くの貴族御用達のブランドとして発展した。
時代の変化を敏感に察知し、革製品に留まらず、服飾、アクセサリー、香水、スカーフなど多彩な商品展開を成功させ、今やそのアイテムは世界のセレブの象徴となっている。 
その代表が、あまりにも有名な「ケリー・バッグ」。ハリウッド女優からモナコ王妃になった「グレース・ケリー」が、ネーミングの由来である。LIFE誌の表紙を飾った際に彼女が持っていたことで改名され、以来、多くのセレブに愛用され、誰もがいつかは手にしたい、と羨望のまなざしを受ける高級バッグの一つとなっている。
また、ケリーと並び、エルメスを代表するバッグとなっている「バーキン」。こちらはフランスの女優ジェーン・バーキンにちなみ、性能とは裏腹に、エレガントで上品な雰囲気を見事にキープした職人の技が光るバッグである。